diary

MONO

どうも、オオシマです。

 

ここ1ヶ月ほどVelvet Undergroundに夢中です。

 

きっかけは伝説のネオアコバンド、Bridge再結成におけるメンバーのインタビューで、

 

「メンバーの共通項がVelvet Undergroundだった。」

 

と言う文を読んでからでした。

 

ちなみにこれがBridge

 

 

 

(そういえば僕もヴェルヴェッツを10年以上聴いてないな。当時聴いてみたもののよくわからなかったし、今聴いてみたら何か変わるかも。。)

 

そう思い、函館に向かうフェリーの中で(家族旅行しました)iPod Classicをコリコリ回し、彼らの1stアルバム”Velvet Underground & Nico”を再生してみたのでした。

 

もうこれが本当に気持ち良くて。

 

当日の寝不足も相まってか、じんわりと体の隅々に染み渡り…。

 

この日以来彼らのバイオグラフィーを調べたり、Apple Musicで彼らのアルバムのほとんどを聴く生活が始まりました。

 

インターネット上には

 

「彼らの真髄はモノ盤にあり!」

 

的な記述が多く、コレクター気質な僕はそれがどうも気になって気なって仕方がない…。

彼らはモノラルを想定して制作していたそうで、現在流通しているステレオ盤はちょっと意図が違うらしく。

というのも、当時はまだモノラルが主流で、しかもなかなか売れなかった彼らのアナログレコード(モノ盤)は流通が少なく、中古価格が高騰していてとてもじゃないけど買えません。

 

でも、2002年にリリースされたVelvet underground & Nicoのデラックスエディションに、幻のモノラル・ミックスが収録されているということで、固い財布の紐を解き買って聴いてみました。やはりストリーミングではなく、CDやレコードで聴かないと本当の良さってわからなかったりしますからね。

 

 

FullSizeRender 3

 

モノラルの魅力って何?って思うかもしれないけど、ステレオって左右にバランス良く定位されて、聴感上の派手さを感じることができるけど、整理されて聴こえることにより隙間ができて迫力に欠ける、って捉えることもできると思うんです。

モノラルの場合は一つの音の塊になって聴こえるので迫力が全然違うんですよね。

このモノラル・ミックスを聴くと、各トラックの音量を調整しただけではなく、EQ等で微調整して、モノラルという混沌とした音塊の中から様々な音が湧き上がってくるその様は、ステレオ・ミックスとはまた違った表情を持っていて、とても感動します。

 

本来、僕のようなオルタナティブな音楽を作る人間ならば、もっと早い段階で彼らの虜になっていなければいけなかったと思います。

30を過ぎてそれに気づいてしまうなんて、本当に恥ずかしいです。

 

 

というわけで、今回は恥を忍んでこのブログを書いてみました。

Velvet Underground、まだまだ勉強しないと。。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

2017-06-28 | Posted in diaryNo Comments » 

 

ふたりのアナトワ

おはようございます、こんにちは、こんばんは。お久しぶりです、オオシマです。
実はちょっと前から、青森市にある新町通りにできた合同会社BEAMさんのスタジオから配信番組をやらせていただいてます。
BEAMさんは今年生まれたばかりで、デジタルサイネージ”新町ビジョン”を運営する広告/マーケティングのオフィスです。
うまく説明できたかな。。
こちらをご覧いただくとわかりやすいかな?
https://beam.vision/
https://www.facebook.com/beamaomori/
ここを運営しているのは、ほとんどが僕の友人達で、クリエイティブな仕事には本当に感動するし、刺激を受けます。

 

そこで、毎週金曜日の22時から番組をはじめました。
「ふたりのANOTHER TWILIGHT」
という番組で、相棒のわがままボディと深夜ラジオのようなテイストでお送りしています。
ネットで生配信もしているし(もちろん新町のビジョンでも)、見逃した方はyoutubeでアーカイブもご覧になれます。
なにひとつ有益な事は喋ってないけど、30代のおじさん達のちょっと笑える、どうしようもない話を展開しています。
アーカイブはこちらから

毎週金曜日の楽しみに加えてもらえると嬉しいです。
あと新町を通った際は、パサージュ広場の隣のちょっと上を注目してみてください。

僕達の好きな青森を、僕達自身で作る番が来たみたいで、とてもワクワクしています。

よろしくお願いします。

 

ではまた。

2017-06-26 | Posted in diaryNo Comments » 

 

曲を作ってます。

すごくストレートな曲ができました。

あまりにもいままでとは違う毛色の曲で、自分でも戸惑っていたんですが、まぁ作ったから聴いてもらおうと思って公開しました。

僕はこれまで、所謂ヒネくれたポップソングを作ってきました。

サウンドを複雑化させたり、肝心な部分をボヤかしてみたり。

それは僕の大好きな表現方法だし、これからも僕の特長として行なうと思います。
最近は歌詞をマジメに書こうと思って取り組んでいたんですが、その行為に引っ張られてこんな曲が誕生してしまったのかな?とも思います。
あ、そうそう。

皆さん、小沢健二さんの新曲はもう聴きましたか?

  
僕は昔から大ファンなので、発売日に早速買いましたよ!

楽曲が素晴らしいのはもう皆さんわかってると思います。

僕が“流動体について”を聴いたとき、近年のJ-POPと比べると全体のサウンドがとても篭ったように感じました(特にボーカル)。

それがとても気持ち良くて、何回もリピートしてしまうんですよね。

何度でも聴きたくなるようなサウンドってすごく重要だと思います。

同じことが言えるのは、スピッツのインディゴ地平線というアルバムや、my bloody valentineのmbvだったりします(あくまで主観です!)
話は逸れましたが、今回はその篭り感を大事にレコーディングしてみました。思い描いてるサウンドにはまだまだ程遠いですけど…。

是非一度、僕の曲を聴いてみてください。
ではまた。

2017-03-28 | Posted in diaryNo Comments » 

 

My Bloody Valentineのトリビュートアルバムに参加しました。

Kōsuke Ōshima(THE EARTH EARTH)が参加したMy Bloody Valentineのトリビュートアルバムがリリースされました。以下よりダウンロードできます。

Forever and Again, A Tribute to My Bloody Valentine

 

a1179817011_16-2

2017-01-17 | Posted in diaryNo Comments » 

 

明日はレコ発ライブです。

ついに明日か〜。あっと言う間です。

この2カ月はレコーディングのミックス、そしてつい数日前までマスタリングと、怒涛の日々でした。

僕が憧れた90年代の雰囲気を醸し出したサウンドに仕上がっていると思います!!

こちらで全曲試聴できます。

パッケージもこんな感じ!

  
CD黎明期のライナーを意識してみました。

ジャケットも、ロンドンを訪れた時に撮影したものを使用しました。カッコイイよね!

では明日、青森クォーターで待ってます!

  

2016-08-19 | Posted in diaryNo Comments » 

 

インタビューが公開されています。

ブラジル・サンパウロの音楽ブログ、THE BLOG THAT CELEBRATES IT SELFにて、THE EARTH EARTH オオシマコウスケのインタビューが公開されています。

2016-06-14 | Posted in diaryNo Comments » 

 

Londonに行ってきました。2

 ロンドンの朝といえばイングリッシュ・ブレックファスト。

ちょっと野菜も欲しかったけど、本場を食べたかったので満足!

でもこれを5日間も毎朝食べるとなるとヘビー。。
  

そして牛乳がこんなんで出てきます。美味しい。
  
この日まず出掛けたのはホテルから歩いて10分くらいにあるノッティングヒル。

セレクトショップがたくさん並んでありました。

僕はこの店で気に入ったTシャツを1枚購入。

  

歩いてる途中で僕の作った曲が…。。

大英博物館でミイラを見て
    

これは猫のミイラ

  

一応外観も撮ったりして。

  

そしてソーホー地区に移動してレコード屋さん巡り。たくさん歩いて疲れちゃいました。

   

  
レコード屋さんはどこも賑わっていた印象です。

レア盤にひとり唸りつつソーホーを後にするのでした…。
  
そして帰りに再び寄ったノッティングヒルのレコード屋さん。

ここはインディ・オルタナ系アナログが沢山あってすごく良かった(^^)

2016-05-20 | Posted in diaryNo Comments » 

 

Londonに行ってきました。

4月20日から約1週間、ロンドンに滞在していました。

10代でUKロックに出会って、数ある僕のフェイバリット・アーティストはこのロンドンを拠点としており、

「いつか行ってみたい!」

そう思い続けていました。
特に大きな目的はないけれど、今年こそはロンドンへ行こう!と思い立ったのは2月で、あっと言う間に出発の日はやってきました。
ヒースロー空港に到着した時に感じたのは、なんか甘い香りがしたこと。

ロンドン全体はこんな匂いに満ちてた気がします。

  

手続きを済ませ、地下鉄(現地ではTUBEと呼ばれているらしい)に乗り込み、宿があるBayswaterへ。

  
  

  
ロンドンの街並みはとても美しいです。

高いビルがあまりなくて、古い建物がそのまま存在しています。

そしてやっぱりロンドンに来たからにはフィッシュ&チップス食べなきゃ!と思い立ち、宿に荷物を置いて周辺を散策。

すぐ近くあったパブに入るも「もうフードは終わりだよ。」と言われ、もう少し歩いてファーストフード店を発見。

ケバブやハンバーガーがあるけど迷わずコレだよね〜。

  
と、いうわけで今日はここまで。

明日からロンドンを歩きまわるのでした。

2016-05-16 | Posted in diaryNo Comments » 

 

最近の僕は

皆さん、おはようございますこんにちはこんばんは。

随分と更新をしていませんでした。

忙しいなんて言い訳するわけでもなく、最近はHORNSのレコーディング、ちょろっとした企画へのDJ出演、そしてTEE(アースアースをこう表記するのにハマっています。)の新作への曲作り&レコーディング(!)を並行して行っています。

HORNSのレコーディングはゆっくりながらも順調で、個人的にもいままでにないくらいの拘りを見せつつ、秋?くらいにはものすごくポップな作品が出来上がると思います。
  

そしてTEEも新曲とずっと演奏していなかった曲の確認の為にスタジオに入っております。

このバンドは自分達の意思とは関係ないものに左右される事があったりして、それがいいのか悪いのかわからないけれど、とりあえずライブがしたいぜ!新作に取り掛かりたいぜ!という欲求だけは確かにあります。

良い知らせができるといいな。
あ、そうそう。

実はカセットテープにハマっていて。

カセットデッキを購入して色々と録音してみたり。

  

カセットテープ特集の本を買ってみたり。

  
カセットテープの奥深い世界に1人思いを馳せているわけです。
そういえばApple Musicも面白いですね〜。

これでお気に入りの音楽を見つけて、カセットテープに録音しちゃおうかな!なんて意味があるのかないのかわかない事を考えています。
そんな毎日です。
皆さん、夏が始まります。

体調には気をつけて。
では。

2015-07-06 | Posted in diaryNo Comments » 

 

MODS MAYDAY 2015青森

9日は青森サンシャインで開催されたMODS MAYDAYに出演してきました。

前日に行われたTHE EARTH EARTHのライブについてはこちらでどうぞ!
TEE official web site

メンバーのミホコラモーンが主催の一員ということもあり、僕もワクワクしながら当日を迎えました。

MODSの定義って実は良くわかってないけど、それを抜きにしてもみんながオシャレを楽しんで、思い思いにその場に触れてみるという、1年に一度のお祭りだと感じました。

僕たちはバンドのトップバッターでした。

ではいくつかの写真で振り返ってみましょう。

IMG_9693(変換後)

IMG_9704(変換後)

IMG_9715(変換後)

IMG_9735(変換後)

IMG_9828(変換後)

IMG_9839(変換後)

IMG_9852(変換後)

IMG_9892(変換後)

IMG_9928(変換後)

実は僕もモッズを意識した髪型とシャツだったり…違うかな?

もしまた次があるなら、カバーなんかも織り交ぜてみたいなぁ。
スタイルカウンシルとか?

主催のジミーさん、ミホコさん、お疲れさまでした!

2015.05.09 青森サンシャイン
1.Hey!!
2.new song 1
3.new song 2
4.D-Girl
5.カローラⅡでかえろう

2015-05-12 | Posted in diaryNo Comments »